注文住宅で理想の家を手にする|チェンジTHEマイホーム

注文住宅必要な考え

建築条件付土地について知っておこう

注文住宅を建てる時に、土地がなければ土地を見つける必要があります。無事に土地が見つかると次に建築会社を見つけなければならないという手間がかかります。このように注文住宅を建築するためにはいくつかの手間を乗り越えなければなりません。 そこで、注文住宅で建設会社を見つける手間をなくした方法があります。それが、建築条件付土地です。この建築条件付土地とは、主に2つの条件が付いていることがあり、そのいずれの条件も満たすことで 土地を購入することができるのです。 一つが、土地の売主が定めた特定の建設会社を選ぶということです。何やら大きな制限がありそうですが、実際にはそのようなことはなく、単に建築会社を選ぶだけで、それ以外の建物に関する制限はありません。

建築条件付土地が存在する理由

もう一つの条件は、期間の制限です。つまり、何年の何月何日までに住宅を建築してくださいという条件です。この条件も特に厳しくないことが多いのです。この期間制限がつけられている理由は単純で、もし期間制限が付けられていなければ、100年後に住宅を建築しても構わないということになるからです。極端な例ですが、そのようなことも可能になってしまうのです。 そもそも建築条件付土地が現れたのは、土地をできるだけ早めに売ろうという売主側の意図があるからです。建売住宅にしてもすでに決まっている間取りでは魅力がないし、かといって注文住宅では建設会社選びが面倒ということになりがちです。そこで、その中間として、注文住宅なのにすでに建設会社が決まっているという建築条件付土地なら買主にとっても負担が少ないため、土地を購入しやすいのです。