注文住宅で理想の家を手にする|チェンジTHEマイホーム

工夫点や注意点

注文住宅で住宅を建築する場合に工夫したいこと

注文住宅で住宅を建築する場合工夫することでより快適な住宅がデザインできます。間取りに関してはとくに収納をより多く設けることで部屋をきれいに見せることができます。とはいえ住宅を建築するスペースは限られています。ですからどこにどれだけの大きさの収納を配置するかが重要です。 注文住宅の建築を経験した人の意見でよく聞かれるのが玄関に大きな収納を設けることです。下駄箱ではなく収納スペースです。土間施工にすることで子供の三輪車や自転車、スノーボードやスキーの板などをしまうことができます。こうしたスペースにプラスしてコートなどの洋服をかけるスペースもあれば部屋に上着を脱ぎ捨てることがなくなったり、動線が省略できる場合もあリます。

評判を参考にする際の注意点

注文住宅はとくに一人一人の求めるものが異なるので人の意見が参考にしにくい部分があります。特に建築会社の選択においては個人の主観が入ったり同じ建築会社でも担当者によって対応が大きく異なるなど参考にすることが難しいといえます。もちろんどのような注文住宅を提供しているのか、注文住宅の自由度など普遍的なことは参考にすることができます。企業の公式ホームページ以上の情報、さらには施主目線で気になる点などを知ることができるので利用する価値はあります。個人のブログもそうですし第三者目線といわれるサイトでも書いた主の主観が入っている場合もあります。ですから評判に関しては一つの情報源だけでなく複数の情報源から情報を得て公平な目線で判断する必要があります。